悩ましい!小説投稿サイトについて

今現在、web上にはいったいどれだけの小説投稿サイトがあるのでしょう。

こちらの作品内で、様々な投稿サイトを紹介してくださってるのですが、すでに97のサイトが紹介済み。

後三つくらいはあるでしょうから、100以上はあるわけですね。

それと最近、私が短編一本を上げていた「メクる」というサイトに、一切ログインできない状況が続いています。

これは、このサイトにしか作品を上げていない作家さんにとっては恐怖だと思います。



私がこのHPの「NOVELS」のページからリンクさせているのは「セルバンテス」の作品ページなんですけれど、セルバンテスさん、読者数が少ないのですよね。

縦書き表示ができるし、色味も落ち着いているということで選んだのですが、サイト自体が閉鎖なんてことにならないでしょうね?? と、いうのが心配なところです。

頑張れ講談社。負けるな講談社……というか、対応策をとってくれと思います^^;


今、元気があるなあと思うサイトは

「ノベルアップ」(株式会社ホビージャパンが運営する小説投稿サイト。ライトノベル系レーベルのHJ文庫・HJノベルスがあり)でしょうか。

ただここ、すごく漫画チックなイラストが散りばめられてたりして、大人としてはちょっと躊躇するのですよねえ。

こんなCMもみつけましたよ。

うむむ。ちょっとなと……。


縦読みもできて、見た目もそこそこ落ち着いているのはなんと言っても「カクヨム」なのですけどね。どうも踏み切れない。運営は角川さんですね。

なかなかいいのですが、今ひとつ軸足を乗せられないでいるサイトです。

カクヨムさんでは秋からユーザーが直接収益を得られるシステムを導入する予定のようですね。


今までもアルファポリスでは投稿インセンティブなんてあったりして、私も頂いたことがありますよ。そちらを使って本を買いました。はは。

書き手としては魅力がありますよね。

もちろん雀の涙ではありますが、ちょっとうれしい。


あ、ノベルアップでは読者が好きな作品を応援、その応援ポイントを作家が現金・その他に交換できるというシステムを導入しているようです。

カクヨムさんは広告収入ということなので、ちょっと違うのかな?


マグネットというのも利用している方が多いようですが、あちらもキラキラ漫画のイメージが強いのですよねえ。ノベルアップとちょっとにているのかなと思うのですが、自分自身が利用していないので、なんとも。

もう、サイトを開くと漫画なんですよね。しかも今どきの絵柄の。

あ、後忘れちゃいけない「エブリスタ」

ここはコンテストがたくさんあるのが魅力ですが、ちょっと使いづらい、分かりづらい気がします。


ただ、縦読みできるサイトがいいので、セルバンテスさんが怪しくなったらもう「カクヨム」しかないじゃん? という感じなのです。


縦書き文庫。という手もありますが、あそこの表示、小説部分が小さいのですよねえ。埋め込みもできなくなってしまったようですし。


縦書きで、HPとかにも埋め込みできたりしたら最高なんですけどねえ。

こんなにたくさんサイトが有るのに、なかなか自分にぴったりというのは難しいですね。

0コメント

  • 1000 / 1000